住むまち大阪スタイル人

天満地区HOPEゾーン協議会


E-MAIL ka0039@city.osaka.lg.jp
会員数 地区内の居住者・自営業者・企業の方々等 (うち、協議会役員13名、実行委員9名)

活動テーマ

○『天神さんから大川浜へ― 「もてなし」のまちなみづくり』
天神祭を始めとした四季折々の祭りが行われ、多くの人を迎え入れている天満地区では、訪れる人を「もてなし」の心で迎え入れるまちなみづくりを、大阪市HOPEゾーン事業の活用により、行政等と連携し進めています。
訪れる人に笑顔でまちの魅力を語る・・・その心は「おもてなし」。古くから市や祭りでにぎわった川辺のまちの文化を大切にし、祭礼に彩りを沿えることで、まち全体を「もてなしの場」としていきます。
歴史的な建物の特徴を活かし、祭りや四季の「しつらい」によるまちなみづくりの方針をまとめたまちなみガイドラインを平成21年7月に作成しました。天神祭に合わせた幔幕(まんまく)飾りによる「しつらい」の実施など、活動の輪を広げています。

活動と特色

天満の歴史的・文化的な「まちなみ」を将来に引き継ぎ、まちの魅力を高め、地域のみなさんにお伝えするために様々な活動を行っています。
○天満地区HOPEゾーンNEWSの発行:
 協議会活動の報告や、イベントの周知、天満の歴史などの情報を定期的に発信
○「しつらい」によるまちなみづくり:
天神祭や流鏑馬(やぶさめ)神事に合わせ、幔幕や提灯、絵馬短冊などの天満らしい「しつらい」を実施  
○イベントの開催:
天満のまちなみや歴史、文化を紹介するまちあるきの開催など
○総会(年1回開催)、役員会などの開催